板橋区情報

東京都23区と板橋区犯罪発生率比較・板橋大山の治安は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新しい地域で生活する上で、やはり気になるのは治安の良さです。大山が属する板橋区と言えば、「足立や練馬、北区」と並んで「なんとな~く治安が悪い街」というイメージが私にはありました。

そこで今回は警視庁や都から公表されているデータを基に、23区の犯罪発生率を自分なりに確認してみました。まずは公式データからです。

犯罪発生率(公式)

次のグラフは警視庁から公表されている「東京都の自治体別刑法犯発生状況」から平成27年度の23区内「刑法犯認知件数」を抜粋したものです。

tokyo23_crime_01

「刑法犯認知件数」とはあまり聞きなれない言葉ですが、ざっくり言うと刑法に違反したと認められる数です。実のところ「犯罪発生率」とうたっても目に見えない、発覚していない犯罪は誰も分かりませんから、先に書いた通り「刑法に違反したと認められる」件数を扱っている訳です。これは通報などによる「認知」だけでなく、捜査による認知も含みますから、「昨年と比較してずいぶん認知件数が増加しているな」とデータから読み取れた時、必ずしも単純に「犯罪が昨年よりもたくさん発生している」とは言い切れないところもあるかも知れません。捜査の強化などにより認知率があがることは、治安の維持にはむしろ良いことなのかも知れませんね。

さて、上記のグラフはなんとな~く私の頭の中にあったイメージにあっていますが、これは各地区の人口比率を無視した、公表されているママの数字です。一般的に人口が少ないところで1件の犯罪が発生するのと、人口が多いところで1件の犯罪が発生するのでは重みが違いますので、人口数を考慮してみたいと思います。

tokyo23_crime_02

※人口数と一口に言っても、国勢調査で速報として公表されているのは夜間に対象地区にいる人の数だそうです。昼間にいる人の数はまた別で、千代田区は特に昼夜の差が激しく、単純に認知件数を人口数(夜間)で計算すると非常に高い発生率が算出されてしまいます。ここでは昼間人口と夜間人口が公表されている平成22年度の人口数を使用し、平成27年度の刑法犯認知件数を計算しているため、若干訳が分からないことになっていますが、およそのイメージとしてお付き合いください(^^;)

人口数を加味すると、ワースト1位の区は新宿区から台東区に変化しました。肝心の板橋区は…8位から9位に少し改善。23区中9位と考えると、中央やや上くらいでしょうか。こうしてデータをみると、私が思っていたイメージとは少し異なる結果になりました。

しかし…、良くもなく、悪くもなく、大体平均。あ、でもちょっと悪い方に傾いてるかな?くらいな微妙なところを突くのがなんとも板橋らしい。

中央区、千代田区、文京区あたりの治安の良さは流石ですね。イメージ通り鉄板です。

スポンサーリンク

5年ほど住んだ管理人の主観

ここからは管理人の主観と偏見もりもりの話になります。

さて、板橋区大山へ引っ越して来て大体5年が経過しました。私は一般的な会社員ですから、朝は通勤時間帯に家を出て電車に乗り、都心へ向かいます。夜は少し遅い方なので21時~24時くらいに帰宅する生活です。

こんな生活を板橋で5年ほどしてみて感じたのは、先ほどのグラフが示すとおり、「確かに治安が悪いと騒ぐほどのことはないな」と言うのが率直な感想です。

板橋に住み始めて以来、特に大きなトラブルに出くわすでもなく、事件を目撃したこともありません。ただ、交通事故や火事は何度か目にしましたね。

深夜でも駅前やコンビニ前にたむろする、いわゆる「タチの悪い人たち」をほとんど見かけませんし、暴走族やチーマー(今の時代はなんと言うんだろう…)的な方々を見ることもありません。

板橋に住み始めてまだ間もない頃は、22時頃になると駅前に東南アジア系の外国人女性が一人・二人立っていて、「オニイサン マッサージアルヨ」なんて声をかけられることがありましたが、ここ一・二年は見かけなくなったように思います。

大山駅周辺は小さな飲み屋が乱立しているのと、パチンコ屋が多いのとがあって、その点でも正直「治安の悪さは大丈夫かな… 酔っ払いの喧嘩とか騒ぎとか多いのかな…」と心配していましたが、今のところ思い過ごしだったと考えられます。

私がここ5年で見た酷い酔っ払いは、駅近くの牛丼屋さん前で泥酔して突っ伏してしまっている大学生風の女性くらいです。お友達が介抱してあげていました。

酔っ払いのいざこざとか、喧嘩、道端に人が転がっているとか、そんなことはありませんでしたね。

スポンサーリンク

変質者?酔っ払い?

私が目撃した驚愕のシーンは、まず間違いなく他人様の家と思われる門に激しく寄りかかっている半分眠っていそうな男性で、通りすがりにチラ見したところ、なぜかズボンをくるぶし辺りまで下げてトランクス姿(上半身は普通でした)を披露していました。

あれは変質者だったのか。酔っ払いだったのか。今となっては分かりませんが、たぶん酔っ払いでしょう。そういう意味では先ほどの路上転がり女子大生風と、下半身パンツ男さんの二人がここ5年で見た「酔っ払い」です。逆に言えば、その程度だということです。

大山治安まとめ

最後にまとめてみましょう!

  • 公式発表データをゆる~く解析すると、板橋区の犯罪発生率は23区で真ん中あたり
  • 住んでいる管理人目線でも治安の悪さを感じる要素はない
  • かと言って小奇麗な感じでもないので、ほどほど、というのが正直なところ

以上です!

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*